電子タバコの仕組みについて

電子タバコの仕組みについて

電子タバコはその名の通り、電子の力を利用して喫煙の満足感を得るものです。この電子タバコは、そもそもどのような仕組みになっているのでしょうか。今では、様々な電子タバコが販売されているので、自分の使いやすさで選ぶことをおすすめします。

 

電子タバコは、擬似的に水蒸気による煙を発生させるため、いくつかのパーツが組み合わさって作られています。吸い口とカートリッジ、バッテリーやアトマイザーによって、電子タバコが動作するのです。

 

吸い口は、普通のタバコと同じように存在するもので、ここから水蒸気を吸っていきます。吸い口の先には、カートリッジというパーツがあり、いわゆるフィルターとして動作するものです。

 

普通のタバコで言う葉は、電子タバコのバッテリーが作用させていると言えます。普通のタバコは、点火することで葉が燃えて行きますが、電子タバコはLEDの光によって、それを再現しているのです。

 

電子タバコには、普通のタバコに該当しないパーツがあります。それがアトマイザーと呼ばれるもので、カートリッジの液体を噴霧させる役割を果たすものです。バッテリーによって発熱した液体が水蒸気となって排出されます。

 

このカートリッジの液体には香料が含まれており、独特のフレーバーを楽しむことができます。電子タバコの場合は、カートリッジを交換することで、多くのフレーバーを楽しむことができ、その日の気分で変えてみるのも良いでしょう。

 

電子タバコは、電気を使っている以上、危険が伴うことも忘れてはいけません。使用する際には、取扱説明書をしっかりと読んでおくことが大切です。


楽天オススメ商品

電子タバコの進化形!いま話題の日本向け電子タバコといえば【イータバコ】

イータバコ

アドセンス広告