電子タバコの最新型と従来型

電子タバコの最新型と従来型

電子タバコが誕生してから、ある程度年数が経っていることもあり、多くの形状のものが販売されるようになりました。このことで、電子タバコも分類されるようになり、形状の他にも、最新型や従来型と分けて考えられることが多くなっています。

 

この最新型と従来型は、電子タバコの満足感はさほど変わりありませんが、価格や機能に若干の差があるようです。もちろん、最新型の電子タバコであれば、技術的にも向上していると言えるので、自分の好みで選ぶと良いでしょう。

 

従来型の電子タバコは、バッテリー、噴霧器、カートリッジで構成された3ピース式のものです。この構成は、最新型になると噴霧器とカートリッジ分離されておらず、ひとつのパーツによって機能を果たすように改善されています。

 

また、従来型と最新型では煙の量が異なる点も挙げられます。電子タバコから発する煙は、擬似煙と呼ばれていますが、最新型の方が満足度が高いかもしれません。

 

そして、電子タバコのメンテナンス性についても、最新型の方が有利と言えます。そもそも、電子タバコにメンテナンスが必要なのは、噴霧器とカートリッジが分離されていることにあります。これが、一体になっている最新型であれば、メンテナンスが一切必要ないのです。

 

最新型の電子タバコは、従来型に比べて若干価格が高くなっているのが唯一のデメリットと言えるでしょう。やはり、煙の量やメンテナンス性から考えると、最新型がおすすめです。


楽天オススメ商品

電子タバコの進化形!いま話題の日本向け電子タバコといえば【イータバコ】

イータバコ

アドセンス広告