マナーを守った電子タバコの利用

マナーを守った電子タバコの利用

電子タバコにも、普通のタバコと同じように法律があります。また、同様に守るべきマナーがあるので、乗り換える前に知っておくと良いでしょう。

 

電子タバコが発する煙は、擬似煙と呼ばれる水蒸気によって作られます。この作用で、副流煙による影響がないのも特徴のひとつです。しかし、電子タバコが一般的に充分浸透しているとは言えず、周囲に迷惑をかけてしまう場合があります。

 

電子タバコの見た目や発煙は、非喫煙者にとって普通のタバコと同じように見えてしまうものです。多くの非喫煙者が電子タバコの特徴を知っていれば良いのですが、理解者が少ない現状があります。電子タバコと言えども、その場に応じた対応をとらなければならないのではないでしょうか。

 

また、電子タバコは法律の観点から見れば、未成年でも購入可能です。ところが、未成年への販売を行わないケースが多く、メーカー側も自主的に規制しているケースも多くあります。現状として、電子タバコがあまり普及していないことも、しっかりと考えておかなければならないのではないでしょうか。

 

そして、電子タバコは薬事法が適用されます。薬事法では、電子タバコにニコチンを含有させてはならないことが謳われているのです。従って、電子タバコでもニコチンが含有されていれば、従来のタバコと何ら変わりない扱い方になってしまいます。

 

さらに、健康を目的に電子タバコを宣伝するような行為も禁じられています。これは、禁煙効果のことを指していますが、実現できる保証がないために禁じているものです。


楽天オススメ商品

電子タバコの進化形!いま話題の日本向け電子タバコといえば【イータバコ】

イータバコ

アドセンス広告