電子タバコを利用する場合

電子タバコを利用する場合

従来のタバコから電子タバコに乗り換える人が増えてきています。これは、喫煙者に限ったことではなく、新たに電子タバコでフレーバーを楽しみたいという人も多くなってきているのです。電子タバコは、火を使わないものですが、一体どのようにして使用すれば良いのでしょうか。

 

電子タバコは、繰り返し使えるような構造が基本になっているので、まず充電器を使って充電する必要があります。フレーバーを楽しむための、カートリッジなどのパーツは、この充電が終わってから装着するようにしましょう。

 

これで、電子タバコを楽しむ準備が完了しました。次に、「吹かす」という動作を行いますが、従来のタバコと同じ感覚で行うようにします。この動作によって、タバコが燃える様をLEDが再現するので、正しく点灯するかを確認しながら行うと良いでしょう。

 

このLEDが点灯すると同時に、擬似煙が発生し、タバコを吸っている感覚を得ることができます。擬似煙には、フレーバーの成分が含まれているので、独特の香りを楽しむように吸って吐き出す動作を繰り返せば良いのです。

 

しかし、電子タバコの場合、吹かす動作によって電源が入るように設計されているため、充分に擬似煙を口に溜め込まないと満足が得られません。擬似煙をダイレクトに肺に取り込まずに、一度口の中でそのフレーバーを楽しむように吹かすと良いでしょう。

 

また、LEDは充電の残りをチェックするのにも大切なので、吹かす時は欠かさずチェックしておけば安心です。


楽天オススメ商品

電子タバコの進化形!いま話題の日本向け電子タバコといえば【イータバコ】

イータバコ

アドセンス広告